短小の定義

ペニスの大きさは性行為で女性を喜ばせたいと考える以外にも男性の自信などにも大きく関係していることであり、短小であることを悩み、それをきっかけに女性の前で裸になることに緊張や不安または恥ずかしいと少なからず抵抗を持って臆病になってしまう男性がいます。
短小とは、ペニスの大きさを表現する言葉となりますが世界的な平均サイズに比べ日本人の男性は小さいと言われていますが、実はある程度の大きさがあれば全く問題なく女性のことも満足させることができ、悩んでしまう必要はなく自信をもって問題ないと思います。
というのも、女性の膣の長さというのは大体、7~10センチ程度と言われており10センチ以上の長さがあれば全く性行為では問題がありません。
逆に大きすぎることは女性が痛みを感じてしまうこともあり大きければいいと言う訳ではなく、女性もある程度の大きさがあれば問題と考えずむしろ愛情が伝わるセックスや大切に感じられる行為を求めています。
また自信をもっていない男性に身を委ねることは不安や不信感などを感じてしまい満足のいくセックスを行うことができなくなってしまいます。
では何故こういった悩みが男性の中にあるのかというと陰茎は男性だけがもつもので象徴であり大きいことは自分の精神的な部分に精通することであり、また性にまつわる会話の中で男性の大きさがテーマになることも多く、大きいか小さいかが気になってしまい心の負担になってしまいます。
ですが、実際にマイクロあるいはミクロペニスと言われる男性もいて陰茎が勃起状態になっても4~6センチ程度しかない男性もいるためそういった場合には性行為に支障がでてしまうこともあり、コンプレックスなどになっていることもあるので外科的な治療によって長さを伸ばしたり、陰茎に注射器を使って脂肪やシリコン等を注入してサイズアップをはかる治療などを受ける方法などもあります。
サイズが10センチ未満でコンプレックスになるようであれば治療を検討した方がいいかもしれません。